温活治療

肌が乾燥する、体がだるい、気持ちが落ち着かない、頭が重い、胃もたれ、トイレに行ってもなんだかスッキリしない、生理の血液に濁りがある。体は浮腫み、なかなか痩せない。一体、私の体に何が起こっているのだろう。間違いなく何か異常があるに違いない。急に不安になり、総合病院であらゆる検査をしても「検査結果では正常です。」と言われた経験はありませんか?

皆様も「自分が感じる体の状態と、人間ドックや検査の結果が相反するのは一体何故だろう」と疑問を抱いたことはありませんか?私はこれまで長い間、日本や韓国の患者たちの様々な症状の相談を受け治療してきました。来院される方々を診察したところ、多くの場合、冷えによる体のアンバランスが原因でした。冷えを根本から治療せず、そのまま放置してきたあなたの体の中で、「冷え」とうい現象が、「冷え症」という症状となり、その冷えが更に体内で「冷積」となって居座ってしまうのです。

私たちの体の中で、冷気は単純に冷たいことで終わるのではなく、下腹部の冷え性を誘発し、生殖器官周りの血液循環を停滞させ、老廃物や毒素がたまりやすい環境を作ります。こういう環境は免疫力を落とし、各種の疾病が発生する悪循環を招きます。

同時に下腹部の冷気が激しくなるほど、不必要な熱毒素が心臓の火気を刺激し「上熱下寒症」、つまり上半身に熱が集中し、下半身は冷気が激しくなって現れる様々な症状-体の上半身では頭痛、めまい、目の乾燥、顔面紅潮、胸がむかむかする、肌荒れ、脱毛、不安、心悸など-が発症し、下半身では腹部の冷気、血液循環障害、性機能減退、手足の冷え症、生理痛、浮腫、過敏性膀胱炎、頻尿、便秘などの症状が発生します。

温活は冷気を除去する韓方治療の基本概念を再解釈したもので、韓方、薬鍼、深部温熱治療などで、腹部の深部温度を高めることで冷気をなくして生殖器官の機能を正常化し、五臓六腑の気血の循環が円滑にします。 また、温活治療で肌に艶が戻り、腹部に溜まった老廃物や毒素が解毒され、自然にダイエット効果も期待できます。

インナー・ビューティー(Inner Beauty)を通じてアウタービューティー(Outer Beauty)の概念である皮膚美容とダイエットにも効果が得られます。

感情

感情の起伏が激しく、気まぐれになって双極性障害も生じる。

精神

物忘れとともに学習能力が落ちたりもする。

充血やかゆみ、目がいつも塞がり重くて衰え、視野が曇る。

鼻がつまって鼻炎またはくしゃみを伴う。

口内がただれて舌の炎症が出たり歯茎が腫れたりもする。

息をつない吐き出しながら、呼吸困難や喘息と気管支炎を起こす。

胃腸

胸がむかむかして消化不良や嘔吐などの症状を起こす。

その他

トイレに回数が多くなる(小便が近くなる)

体調

いつも疲労感が感じ、体が重くてだるい。

体にたまった毒素(冷気)によって起こる症状

頭が重く感じられ、めまい、慢性頭痛、不眠症を感じる。

聴神経が刺激を受けて耳がつんとしながら、痛みが感じられる。炎症が生じたり、かゆい。

皮膚

ニキビなど肌荒れを起こす。髪の毛が抜ける脱毛症状と肌の乾燥、蕁麻疹、アトピー性皮膚などアレルギー症状が現れる。

心臓

心臓の拍動が速く、激しくなって、不規則になる。

頻繁な下痢や便秘症状を伴う。 お腹がもたれてげっぷをよくする。

子宮

生理痛、生理不純、子宮筋腫、卵巣嚢腫、不妊を誘発する

関節

関節がこわばって、痛みが感じられる。関節に炎症を起こす恐れもあるし、疲れる。

体重

食べ過ぎと偏食による体重過多の状態になったり、逆に体重が減っている。 水代謝障害を引き起こす。

温活治療の適応症

お肌のトラブル
肌荒れ、顔面紅潮、シミ、くすみ、乾燥、ニキビ、顔色の改善及び皮膚再生の促進

ダイエット
体重減量、サイズの減量、体脂肪減少、内臓脂肪分解、むくみ解消

冷えの改善及び免疫力の増強
手足の冷え、腹部の冷え、上熱下寒症、顔面紅潮、動悸など体内の冷えの解消、冷熱バランス調整

ストレス治療
ストレスによる不安障害、憂鬱、集中力の低下改善

女性更年期障害の治療

閉経前の女性ホルモン減少による慢性疲労、顔面紅潮、生理不順、うつ病、不眠、膣の乾燥症、頻尿などの症状の治療
閉経後疾患である骨粗鬆症、高脂血症、心臓疾患、脳血管疾患、うつ病、認知症(痴呆)予防

男性更年期障害の治療

男性ホルモンの減少による慢性疲労、腹部肥満、不安感、うつ病、全身のだるさ、高血圧、高脂血症などの症状の治療
性機能の強化及び全身気力の増進

女性健康
生理痛、白色帯下、子宮筋腫、卵巣嚢腫、多嚢胞性卵巣症候群、慢性膣炎などの女性疾患の治療

男性健康
心血管健康、肝臓の健康、前立腺健康、慢性疲労管理、腹部肥満管理など

妊活(不妊治療)、妊娠中のケア、産後ケアなど