THE金昭亨清心丸

心(心臓)を清めるという意味を持つ清心丸は、心臓の熱をなくし、心を安定させる時に使う韓方医学の代表的な心臓補薬です。清心丸の起源は、中国の宋の時代と推定されるほど歴史のある韓方医学の処方で、朝鮮時代には御医が国事で余念がない王や、高位にある下臣のための特別な処方でした。ストレスが溜まると、心臓に負荷がかかり、動悸、肩こり、集中力欠如とともに全身の関節と筋肉に緊張感と疲労感が蓄積されます。清心丸は心臓の調節機能を回復させることで過熱した心臓を安定させ、脆弱な心臓を補い、各種神経性疾患を治療する効果があります。また、心臓がまともに働くように充電する疲労回復剤のような役割を果たすため、栄養剤のように普段服用すると、心臓の疲れをとり、機能を回復させて日常の体調を良くし、意欲をアップさせる効果があります。これで各種の自律神経を安定させ、感情調整機能を回復し、ストレスへの抵抗力や自然治癒力を高め、精神的なストレスを自ら克服できる力を持つようにしてくれます。

金昭亨韓方クリニックの「THE金昭亨清心丸」は、本草学博士キム・ソヒョン院長が厳選した最高のプレミアム薬材に個人の症状とコンディション、服用の目的に合わせて処方されるオーダーメイドの韓方薬です。韓方医学の代表処方で、 世界的に希少種である雄の麝香鹿のジャコウ腺の分泌物を乾燥した生薬である麝香などの最高の薬材で、個人の症状に合わせてキム・ソヒョン院長が直接処方する高貴な補薬です。

清心丸の効果
ストレス抵抗力、自然治癒力上昇
自律神経を安定させ、感情調整機能を回復させることでストレスへの抵抗力や自然治癒力を高めて自ら克服できる力を持つようにします。

心臓の調節機能回復
心臓の調節機能を回復させ負荷がかかった心臓を安定させることで、脆弱な心臓を補うとともに各種神経性疾患の治療に効果があります。

体調の復調、原因不明の痛み緩和
心臓が本来の働きをさせるための心臓の疲労回復剤のような役割を果たすため、持続的に服用すれば、心臓の疲れをとり、機能を回復し、日常の体調を良くし、意欲をアップさせる効果があります。